テコンドーの4つの競技

ITFテコンドーの魅力

テコンドーには、4種類の競技があります。

・トゥル(型)

・マッソギ(組手)

・パワーブレイキング(威力)

・スペシャルテクニック(特技)

道場生はすべて習うことができますが、やっているうちにそれぞれ皆さん得意な競技が出てきます。

もちろん全部極める人もいます。

あなたが気になるのはどれでしょうか?

詳しく見てみましょう!

トゥル(型)

トゥルは、型です。
空手や拳法など他の武道にもありますね。テコンドーにもあります。

トゥル(型)は実際の攻防を想定し、一連の流れのある複数の動作によって構成されています。

型は武道の根幹であり、力の出し方は型から学ぶところが大きいです。
トゥルが上手な人は、実際に組手(マッソギ)でも力強い技を出せて強くなることが多いです。

競技としては、級、段ごとに分かれて技術を競い合います。

採点のポイントは各動作においての

・正確さ
・力強さ
・バランス
・タイミング
・呼吸の調節
・美しさ、滑らかさといった芸術性

です。

ミスをしないよう、途切れることなく、トゥルの流れをやり切るには、集中力が求められます。

マッソギ(組手)

マッソギ(組手)は、手技・足技の打撃による攻防を行います。

マッソギでは、相手の出方を見極め駆け引きを行う戦術が必要になります。

また、力をコントロールしながら相手の急所2センチ以内に正確に攻撃を決める技術も必要です。

精神力も求められ、テコンドーの総合力が試される実戦競技です。

マッソギ(組手)では、体重別にクラスが分けられ、ライトコンタクト(力を抑制した上で、相手に直接接触する方式)で行われます。

試合では、相手に対して的確な攻撃が決まった場合、または完璧な防御が出来た場合にポイントが加算されるルールになっています。

ポイントは、攻撃が決まった箇所、技の難易度によって点数が分かれます。特に難易度の高い足技には高いポイントが加算されます。

背面、帯から下への攻撃は禁止されています。
反則行為を行った場合には減点、失格もあり得ます。

パワーブレイキング(威力)

パワーブレイキングは、板割りの競技です。

手技・足技により割った板の枚数を競います。

板は単純な筋力だけでは決して割ることは出来ません。一瞬で一か所に潜在的な力を出す身体操作は、テコンドーの力の理論を体現できてこそできる技です。

正確な技術、手技、足技のパワー、スピードも必要とされ、技の完成度が問われます。

スペシャルテクニック(特技)

スペシャルテクニックも、板割りの競技です。

高い位置や、遠い位置に置かれた板を、飛び蹴りで割り、その完成度で競います。

跳躍の高さ、空中でバランス、正確性、柔軟性がそろって、高く遠いところの板が割れます。

しかも一発勝負です。

高い身体能力と技術、集中力も求められます。

 

今日のてこん!

テコンドーの競技の種類がわかりましたか?

あなたがやってみたい競技、みてみたい競技はどれでしょう?

千里の道も一歩から。

テコンドーに興味がでたら迷わず道場へGO!

関連記事

  1. 反動力とは?テコンドーの力の原理その1

  2. テコンドーのサインウェーブ(質量)とは?上下に動くのはなぜ?…

  3. テコンドーの呼吸。シュッシュッというのはなぜ? 力の原理その…

  4. テコンドーにおけるバランスとは?力の原理その3

  5. テコンドーにおける集中とは?テコンドーの力の原理その2

  6. テコンドーの力の原理6 速度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。